小児歯科

 

大事なお子様の歯を健康な状態で育くむために、
小さな頃からきちんとした健診を受けることが大切です。




■小児歯科へ通う頃合い■
 

小さなお子さんの可愛い上の前歯と下の前歯が出揃う頃は、
ちょうど1才を過ぎてからです。
この頃が小児歯科を初めて受診する良い時期と思われます。

この頃から、お母様方にも是非虫歯予防に関心を
持って頂き、同時にお子様の小児歯科への健診を
開始して頂きたいと思います。


また、お母様付き添いの元、治療をしていく場合も
ありますが、3才位になると、
お母様が考えている以上に、
その頃のお子さんはプライドが高くなります。
周りで同じ年齢のお子さんたちがお利口に治療を
受けるのを見ただけで、きちんと出来るようになるものです。

小児歯科での治療を通して子供達の自立の心を
育ててあげましょう。



"PMTC"〜Professional Mechanical
Tooth Cleaning〜

 
ご存知でしょうか?
PMTCとは、歯科に関して専門的な知識と技術をもつ
『歯科衛生士』によるお口の中の大掃除です。
歯科衛生士が口腔内のすみずみまで、専門の器具を
使ってブラッシングします。


お口の中の汚れには、下記のようなものがあります。

プラーク(歯垢)

虫歯や歯周病の原因!
"食べカス"だと思われている人が多いですが、実体は
何億の細菌のかたまりです。
大体は歯みがきで落すことが出来ますが、実際"すみずみまで
磨けている人"がどれだけいるでしょうか?



バイオフィルム

プラークの中でも最も病原性の高いプラークです。
簡単にいってしまうと、多種の細菌から作られる細菌の
ための保護膜です。
このバイオフィルムの下で虫歯や歯周病の原因菌が
活発に活動していきます。
バイオフィルムは歯みがきでは落すことができず、
これが歯の表面に存在することで、
また新たなプラークの付着を誘発します。



歯石

歯石がつくと歯の表面に凸凹を作るので、細菌がどんどんたまっていきます


コーヒー・紅茶などの色素沈着

着色そのものに害はありませんが、歯の表面がザラつくことで
プラークがつき易くなります。

色素沈着、バイオフィルム、歯石は歯みがきでは落すことが出来ません。
このような汚れをキレイに落し、歯の表面にで
きた小さな凸凹を
ツルツルに磨きあげ、再び汚れや細菌が付着しにくい状態に
することを"PMTC"といいます。


当医院では、PMTCやフッ素塗布などでお子様の大事な歯を
虫歯や歯周病から守ります!

大切な可愛いお子さんの歯を生涯健康に保つ為にも、
小さい頃からの定期的な予防健診を受けることをおすすめします。


小児歯科についてお気軽にご相談下さい。



島田歯科医院島田歯科医院

〒319-1221
茨城県日立市大みか町3-22-1

TEL 0120-53-0841